このエントリーをはてなブックマークに追加

使える英語表現集: “I don’t know what to say/do.”

SayDoの代わりにEatBuyGoなどの動詞を使うこともできればWhatの代わりにWhereHowWhenなどを使うこともできるので大変使える表現です。

まずは本記事タイトルの2文から見ていきましょう。

I don’t know what to say.

「なんて言っていいのか分かりません。」

これは感激のあまり言葉に表せない時、怒りのあまり言葉が出ない時、あきれて言葉が出ない時など全く違った状況で使えるフレーズです。

I don’t know what to do.

「どうしていいのか分かりません。」

これは解決策が分からずどうしていいか分からない時にも使えれば、あまりに興奮して一体どうしたらいいか分からない時にも使えるフレーズです。

他にもたくさん例文がありますのでご紹介します。

“I don’t know what to buy.”

「何を買っていいのか分かりません。」

“I don’t know what to eat.”

「何を食べていいのか分かりません。」

“I don’t know where to go.”

「どこに行けばいいのか分かりません。」

“I don’t know where to start.”

「どこから手を付けていいのか分かりません。」

“I don’t know how to use.”

「使い方が分かりません。」

“I don’t know how to cook.”

「料理の仕方が分かりません。」

“I don’t know when to stop.”

「いつやめていいのか分かりません。」

“I don’t know when to ask.”

「いつ聞いていいのか分かりません。」

この他にも数え切れないくらいたくさんの例文が作れます。

ぜひ日常生活の中でこの

I don’t know what/where/how/when <to不定詞>.

「何を/どこへ/どのように/いつ <to不定詞> したらいいか分かりません。」

を使ってみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です