このエントリーをはてなブックマークに追加

リエゾンとイントネーション

英会話上達法:発音記号を覚えましょうで発音記号の重要性について述べましたが、同じくらい重要な上にマスター難易度が遥かに高いのがリエゾンとイントネーションです。

これもまた発音記号と同様、日本の英語教育では学ばないので難易度が高く感じるのかもしれません。

例えば、

“What are you doing?”

「何してるの?」

を見てみましょう。

意味も1語1語の発音もそれほど難しくありませんよね?

ですが、実際に言われると全く聞き取れない方がたくさんいらっしゃいます。

その理由はリエゾンとイントネーションにあります。

ネイティブは1語1語をしっかりと発音しません

書いて説明するのは難しいのですが、あえてカタカナで表現してみると、

ユーーイ

のように聞こえるかと思います。

コツはWhatのTの音をLの音に近づけare youaredoinggほぼ聞こえないくらい弱く発音することです。

ここで挙げたのは無限にある表現のうちのほんの一例です。

発音記号よりも難しいのは、リエゾンとイントネーションにはこれだけ覚えれば後は独学で学べるというリストがないことです。

私の経験上、一番良い学習方法はやはり生の英語を聞くことです。

ですが実際にネイティブを見つけて会話する機会って少ないですよね?そんな時に役に立つのが海外ドラマです!

発音記号が分かり、リエゾンとイントネーションが分かるようになると、会話力だけでなくリスニング力もぐんとアップします!

私の生徒さんの中にもリエゾンとイントネーションを学んでいる方がたくさんいます。生の英語を使って学んでいくのが一番の近道です。できるだけ毎日生の英会話が収録されている教材を使ってリスニングをするようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です