このエントリーをはてなブックマークに追加

使える英語表現集:“How was it?”

使える英語表現集:“How did it go?”という記事の中で「どうった?」という表現をご紹介しましたが、今回は少し似ている表現の

How was it?

「どうった?」

をご紹介します。これは感想を聞く時に使える表現です。

例えば、

Sam: “I took the TOEIC test yesterday.”

「昨日TOEIC受けたんだ。」

Tom: “How was it?

「どうだった?」

Sam: “It was hard!”

「難しかった!」

Diana: “I ate sushi for the first time.”

「初めてお寿司食べたの。」

Sarah: “Eww, how was it?

「いやぁ、どうだった?」

Diana: “Surprisingly good!”

「意外と美味しかったよ。」

Kate: “I watched ‘Logan’ yesterday.”

「昨日『LOGAN/ローガン』観たんだ。」

Mark: “How was it?

「どうだった?」

Kate: “It was so sad.”

「すっごく悲しい映画だった。」

という感じですね。

“How did it go?”

と比べると答えの文章がかなりシンプルですよね?そうなんです、この

How was it?

はただ単に感想を聞く時に使う表現なのでそんなに深く考えずにどうだったか答えるだけで十分です。もちろん、詳細に説明してあげても大丈夫ですよ。

これもまた、Itの代わりに特定の名詞を入れてあげることもできます。

つまり、

“How was the TOEIC test?”

“How was your first sushi experience?”

“How was ‘Logan’?”

という感じですね。

“How did it go?”

は何かイベントや出来事が起こった時に使われる表現なので、今回ご紹介した

How was it?

のほうが基本的にどんな場面にも対応できるので幅広く使うことができます。

ただし、中にはどちらの表現も使える場面があります。聞き手としてどの程度の回答を求めているかによって使い分けてみましょう。例えば、上のTOEICの例は

Sam: “I took the TOEIC test yesterday.”

「昨日TOEIC受けたんだ。」

Tom: “How did it go?”

「どうなった?」

Sam: “It was harder than I thought! I couldn’t answer all the questions because I spent too much time completing Part 6.”

「思ったより難しかったよ!パート6を終えるのに時間使いすぎちゃって全部の問題に答えることができなかった。」

と言い換えることも可能です。特にTomがSamが一生懸命TOEICの勉強をしていたことを知っている場合にはこちらの表現が使われることが多いです。

“So how was my article?”

「そんなわけで私の記事どうでした?」

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)