このエントリーをはてなブックマークに追加

海外ドラマで英会話:Friendsのお気に入りのシーン3

今回ご紹介するのは、Season 5 Episode 14MonicaChandlerが秘密で付き合っていることを知ってしまったPhoebeRachelが交わす会話で言葉遊びのようなシーンです。

たくさんknowという単語が出てくるので混乱してしまうかもしれませんが…。

JoeyRachelだけはMonicaChandlerが付き合っていることを知っているのですが、ずっと黙っていました。PhoebeMonicaChandlerが一緒にいるシーンを偶然目撃してしまい、Rachelを連れてJoeyのところに行きます。

“So they know you know, and they don’t know that Rachel knows?”

「つまりMonicaとChandlerはJoey知っていることは知っているけど、Rachel知っていることは知らないっていうわけ?」

“Yes, but it doesn’t matter who knows what.”

「うん、けど誰が何を知ってるかなんて重要じゃないよ。」

Joeyは言いますが、そこで悪知恵が働いてしまったPhoebeRachelは自分達が知っていることをあえて隠して、MonicaChandlerに告白させようと仕向けることにします。それからPhoebeがわざとChandlerに言い寄ったりして何とか告白させようとしますが、なかなか上手くいきません。そんな状況から今度はMonicaPhoebeRachelが知っているんじゃないかと疑い始めJoeyのところにいきます。すぐに認めてしまうJoeyに対してMonica

“But they don’t know that we know that they know.”

「けれども彼女たち(PhoebeとRachel)は彼女たち(PhoebeとRachel)が知っているということを私たち(MonicaとChandler)が知っているいうことを知らないのよね。」

と今度は、MonicaChandler悪知恵が働きます。ChandlerPhoebeに気があるように振る舞いアパートに誘います。Monicaがいるにも関わらずPhoebeを誘うなんて!とRachelが怒ってる時にハッと気づきます。そしてJoey

“Joey, do they know that we know?”

「ジョーイ、彼ら(MonicaとChandler)は私たち(PhoebeとRachel)が知っているということを知っているの?」

Joeyに聞きます。またしてもすぐに認めてしまうJoeyに今度はPhoebe

 “They don’t know that we know they know we know.”

「彼ら(MonicaとChandler)は私たち(PhoebeとRachel)が知っているということを彼ら(MonicaとChandler)が知っているということを私たち(PhoebeとRachel)が知っているということを知らないのよね。」

 

そんなわけで結局は芝居に耐え切れなくなったChandlerMonicaを愛していることを認めてハッピーエンドというとても心温まるエピソードになりますが、かなり笑えるシーンの多いエピソードでもありますので、機会があったらぜひ一度見てみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)